読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bromptonと,お茶しませんか ?

ブロンプトンとポダリング

最速の乗り物?

f:id:sonimame:20150915195553j:plain帰宅途中にV12(?)のトラクタ(ランボルギーニ)と遭遇した。
※写真はイメージです。

しょせんトラクタ、ビアンキでブチってしまった。(爆)
宝の持ち腐れ、畑違いもいいところだ。


結局、状況に適した交通手段が最も効率的に移動できる。
首都圏だと鉄道、田舎だと自家用車、孤島だと船、北米等だと飛行機にも成りうるであろう。

同じ乗り物同士でも当てはまる。
帰省の時、ひたすら80km/h程度でノンストップで走ってたら、120~130km/hで同じ車に何度か追い抜かれた。おそらく、とばしては休みを繰り返していたのであろう。結局、一番早いのは100km/hで走り続ける高速バスだったりする。
バイクでも一たび渋滞になると、大型バイクよりも幅が狭くすり抜けがし易い原付の方が速かったりする。原付はエンジン切って押せば歩行者扱いなので、都内ではピザ屋のバイクが押して横断歩道を渡っている光景を目にする。
自転車でも、舗装路だとロードが速いが、砂地が点在しているような海岸線のサイクリングロードでは、MTBクロスバイクの方がそのまま走れる分早いし、砂浜ともなれば重く遅いファットバイクやビーチクルーザの様な自転車じゃないと走ることすらできない。
飛行機でもそれは当てはまり、戦闘機の方が速いと勘違いしている人々が多いが、あくまで音速を超えられるのは瞬間的な速度である。実は巡航速度は旅客機の方が速いのである。長距離の場合、航続距離の差から給油の時間を加味しなければならないので、地球の裏側まで行くには戦闘機よりも旅客機の方が遥かに早いのである。

結局、時と場合によって、最早の乗り物は変わってくるのである。

今、住んでいる地域ならこのまま自転車だけでも十分だ、
実家の九州ならばカプチでも良い、
学生の頃住んでいた北陸ならばアメ車なんかが良いと思うし、
もし山奥に移住したならば四駆のステーションワゴンを買うと思う。

“速さ”よりも“早さ”で比較すべきだと思うので、数値的なスペックよりも用途に合った乗り物を選択して行きたいものである。


ランボルギーニは、自分の畑を耕していれば良いのである。